遺品整理に困るもの

遺品整理人からのアドバイス

これは処分に困るというものに出会ったりしませんか?

遺品整理に困るもの:遺品整理人からのアドバイス

遺品整理などを行っている際、これは処分に困るというものに出会ったりしませんか?

例えばお仏壇や仏具、印鑑、高級な品物、大切にしていたコレクションなどなど…。

お仏壇や仏具などは、もし誰かが使えるものであったり、その家に誰かが住み続けるということであれば、処分は不要でしょう。

しかし、どうしても引き取り手がなかったり、家や部屋自体を空にしなければならないというような状況の場合は、一度お世話になっているお寺などに相談してみましょう。

供養などなにかしらの対策をとってくれるはずです。

印鑑に関しては、魂が宿るという考えもあるので、無下に扱えないと悩まれる方もいらっしゃいます。

もしその姓を名乗る人がおらず、引き取り手がない場合は、こちらも神社やお寺などでお焚き上げや供養をしてもらうのはいかがでしょうか。

ただし、認印などは手続きなどに必要な場合がありますので、取扱いは慎重に。

高級な品物に関しては、形見分けをしたり、オークションにだすという方法があります。

故人のコレクションなどは、形見分けなどでほしいものを持ち帰っていただく、一つだけ厳選して形見として遺すなどの方法を取られるのがいいかもしれません。

遺品整理人からのアドバイス Copyright (C) www.healthygoatsinfo.com. All Rights Reserved.